引越しを成功させるためには?

引越しというのは人生の中でも一大イベントになります。地域環境が大きく変化する不安と期待があり、転居先への荷物に移動、今住んでいる住宅や家財の処分、お子さんの転校手続き、役所への住所変更、荷造りなど、やるべき雑務などがたくさんあるのが現状です。さらに、多額の出費が必要なこともあり家庭によっては予算的に苦しいということもあります。小さな子供さんがいる場合は気を遣って引越し作業に集中できないこともあるかと思われます。
家族みんなで引っ越すことを考えれば最低1カ月前から事前準備をするべきです。例えば、退去の手続き、荷造り、新居への家財の運搬、引っ越し後の役所関係の書類の提出まで幅広くあります。
引越しは、今までの過ごした環境から離れるという寂しさがある反面、新たな新生活のはじまりの期待の側面もあります。
また、引っ越しすることをちょうどいい機会として掃除や整理整頓をきとんと行うチャンスでもあります。
ですから、各家庭の予算や状況に合わせた段取りをすることがスムーズな引越しをする秘訣ともいえます。

引越しのスケジュール表を作る

引越しを何のトラブルもなくやりぬくには、はじめに設定して段取りによって99%決まるといっても過言ではありません。
では具体的に何をやればいいのでしょうか。順を追ってみていきます。
1か月前には、新居の下見、幼稚園・保育園・小中学高・高校の転校手続き、不用品、粗大ごみ処分の手配をしなければいけません。
3週間前は、新居の家具のレイアウトを決める、新居のあいさつ状の手配、電話移転の申し込みなどです。
冷蔵庫の引越し方法や費用の完全ガイド!
2週間前は、荷造り用品、用具の手配、荷造りの開始、荷物リストの作成、郵便物の転送願い。
1週間前は、荷造りとチェック、新居の清掃、市役所または区役所での諸手続き(転出届、印鑑登録の消去など)、電気・ガス・水道の引越し手続き、銀行・郵便局などの住所変更、公共料金などの自動振替の変更手続き、保険・クレジット会社などの住所変更です。
前日には、冷蔵庫の霜取りや水抜き、ご近所へのご挨拶をしておきます。
当日は、身の回り品のまとめ、荷物の搬出の立ち合い、電気・ガス・水道の閉栓及び清算、引越し料金の精算、貴重品を自分で管理する、忘れ物がないか確認、押入れ・天袋・風呂場・トイレ・ベランダ・物置・表札・郵便受け・物干し・家のまわりを確認する。
新居でやることは、荷物の搬入の立ち合い、電気・ガス・水道の開栓、キズ・破損のチェックです。
そして、引越した後には、荷物の整理、交通機関の時刻表など周辺情報の入手、新居のあいさつ状を投函、市役所・区役所での諸手続き、運転免許証の住所変更、自動車・自動二輪車などの登録変更をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>